ロングセラーとなっているETCカードの特徴

ETCカードとは有料道路の渋滞を防止する為に作られた料金の自動システムの事を意味しており、自動車に搭載されたETC搭載機と専用カードを利用する事で自動的に料金を支払う事が出来ます。現在では様々なカードが存在しますがロングセラーとなっているものではライフカード、アメリカン・エキスプレスカード、レックスカードなどがあります。現在ETCカードではクレジットカードと一体化されたものが非常に多く、同時にショッピングをする事が可能となっています。

このクレジット機能がついているものでは有料道路の通行料以外でも使用する事が出来る為、2枚別々に持ち歩く必要がなく便利と言われています。ではロングセラーとなっている企業のカードは何が違うのかと言うとそれは年会費や入会特典などの差となっています。
ETCカードでは実に様々な企業が存在している為、年会費や入会特典なども差が大きく見られます。

ロングセラーとなっているカードの特徴では初回年会費から2年目以降も無料といったものや1万円相当の電子マネーのプレゼント、付属ポイントが2~5倍といった制度があるので便利に使用する事が出来ます。
企業によっては年会費が2年目以降から発生する所がありますがその分ポイントが非常に高く付与されるので、長い目で見ると非常にお得なシステムとなっています。

 

楽天ETCカード

楽天ETCカードについて ETCカードと言えば、最近の主流は、セゾンETCカードもしくは楽天ETCカードです。楽天ETCカードを利用すると高速料金が自動で支払えるため料金支払い時に財布を取り出す手間が省けてたいへん便利な上、高速料金の支払いにも楽天スーパーポイントを付与されます。

通行料金100円につき1ポイントが貯められるため、通行料金が小額である場合にもポイントが貯まりお得です。1ポイントは1円に換算され、楽天市場でのショッピングに利用できます。年会費は税込み525円、楽天プレミアムカードに付帯する場合はこの年会費が無料です。さらに、楽天ポイントクラブの会員ランクがプラチナ会員の場合も無料になります。楽天ETCカードは次の二つの方法から申し込むことができます。楽天カードを持っていない場合、楽天カードを申し込む際にETCカードにも入会できます。楽天カードをすでにもっている場合、楽天カードの楽天イーナビから申し込むことができます。

またETCの割引サービスも受けることができます。ETCマイレージサービスとは、ETCによる通行料金支払い金額に伴い付与されるポイントで、このポイントは将来の通行料金に還元されます。時間帯割引も適用され、休日昼間割引、通勤割引、早朝夜間割引、深夜割引が利用でき、最大で50%も割引されます。通勤割引は大阪と東京の近郊以外で利用でき、早朝夜間割引は大阪と東京の近郊限定で利用できます。

このように楽天ETCカードを利用すると楽天市場で使うことのできるポイントと共に、ETCマイレージサービスでもポイントを貯めることができるためたいへんお得です。